<< 読書の6月 | main | 父 >>
2014.07.31 Thursday

7月の読書

 まだまだ身辺落ち着かない日々が続いていて
相変わらず読書三昧な7月。

いつでもページを閉じられる本。
ちょっと時間をおいて開いてもすぐ入りこめる本。
周囲の話し声や音が気にならない本。
そんな本を選んで読んでいる。
通勤途中に読むのにもおすすめ。

今月読んだ本。

*一分間だけ
*夏を喪くす
*さいはての彼女
*カフーを待ちわびて
*花々
*#9ナンバーナイン   原田 マハ

『カフーを待ちわびて』は 映画になってるんだね。
わたしの明青のイメージは玉鉄ではなかったんだけど。
沖縄を舞台にしたラブストーリー。
あら、そんな、ちょっとー、っていきなり終了、だったんだけど
短編集の『花々』にその後がちょっとだけ出てくる。

『一分間だけ』は、韓国(?)で映画化されているらしい。
これは、犬のリラを中心に登場人物が配置されている物語で
読み始めてすぐに、リラがもうじき...っていうのがわかってしまうので
犬と暮らしているわたしとしては、1ページ1ページ覚悟しながら読み進めた。
主人公の気持ちがとても身近に感じられた話。

原田マハさん
初読みの作家さんだったけど、とても読みやすい。
ってことは、いまの自分の感覚に合ってるんだと思う。

特に好きだと思ったのは 『さいはての彼女』


*真夜中のパン屋さん(午前1時の恋泥棒)
*真夜中のパン屋さん(午前2時の転校生)
*てのひらの父
*空ちゃんの幸せな食卓  大沼紀子

なかなかドラマのタッキーのイメージから離れられずに
真夜中のパン屋さん、続編を読む。
そういえば、ドラマで のぞみ役を演じていた 土屋太鳳さん。
朝ドラヒロインに決まったとか。
カメラテストが終わって下がるときに振り向いて「チャンスをください」って言ったとか。
真夜中のパン屋さんのときのイメージと重なるわ。

今月読んだ大沼紀子さんの作品では、『てのひらの父』がおすすめ。
もう、なんていうかね、てのひらの父 という存在の「トモミ」さんが素敵。


*家守綺譚 
*不思議な羅針盤
*f植物園の巣穴 梨木香歩

心はいたるところにありますよ。
足にも手にも、臓物に、もちろんのこと、歯にですら。
人の身体の範疇であればどこだって、心は宿ります。
                 P45〜46
『f植物園の巣穴』から引用。

*ぽっかぽか13巻 深見じゅん
*蟲師 日蝕む翳 漆原友紀


7月は、あまり再読ができなかった。
ということは、本の片付けが進まなかったということ。
暑くてねぇ(笑)

8月は、もうすこし片付けられるといいな。
とりあえず、図書館寄って原田マハさん借りてこよう。







Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM