<< 秋の気配 | main | バイバイ >>
2011.08.26 Friday

らん

 
 
 「ところで、結局、どっちが勝ったのかな?」

 「そんなの決まってる。わたしたちさ」

 「わたしたちだけが、一度も嘘をついてない。一度も道を曲げてない。
 だから、勝ったのはわたしたちさ」

 「そっか。そうかもね」




 貧しい村人を虐げる豪族。

 豪族の支配に苦しみ、もがく村人。

 虐げられている村人からも、差別される赤谷の住人たち。

 上で引用した台詞は
 豪族の支配に苦しむ村人を助けるために谷を出て闘い
 助けようとした村人の裏切りによって、仲間を殺され
 生き残った2人の女たちの台詞だ。


 赤谷の住人は、耕す畑もないどころか、毒の流れる谷に住み、毒におかされている。
 旅人を襲い身ぐるみ剥いで殺してしまうという残虐なこともする。
 生きるために。

 そんな赤谷の住人たちには、矜持がある。


 
 自分を省みる。

 嘘をついたこともある。
 道を曲げたこともある。

 ひとを傷つけたこともある。
 ひとの頼みにこたえられなかったこともある。

 だいじなひとの信頼を裏切るようなことをしたことも
 たぶん、きっと、ある。

 
 でも、だからこそ、わかったこともある。

 自分が知った痛みを、ひとに負わせるようなことをしちゃいけないと思う。

 ちいさなことでも。
 

 あとで自分を恥じるようなことは、しちゃいけないと思う。

 それでも、もし、間違ってしまったら、潔く罪を認めて、謝ろうと思う。

 そして、償いきれない罪は、背負って歩いて行こうと思う。

 


 生き残った赤谷の2人の女は、顔をあげて、歩き出した。

 罪は罪として、覚悟をもって背負って生きているから
 女たちは、潔い。
 
 そして、自分に嘘をついていないと言いきれるから。
 自分の信念を曲げるようなことはしていないから。
 だから、強い。
 

 確かな覚悟を持たずに、赤谷の人々や村の仲間を
 そして、自分自身さえも裏切った村人たちの生活は
 なんらかわることなく苦しいままだ。


 
 

 
 「らん」

タイトルに惹かれて読んだけど

「らん」
という少女の一途さ、潔さ、美しさ。

まったく、自分に重なるものはなかったなぁ。
若いころを思い出しても。



 
コメント
いろいろあって、何てタイムリーなorz

何もない人なんていないんだよね。
罪を犯したという意識が有るのか無いのか、
それを認めて謝罪したり背負ったりできるか
どうかが問題なんだな。

ここ数日、不愉快な事が多くてねー
スッキリしてぇなぁーぉぃ!って時に
今日は大量の糸のお引越しですよorz
でも、面白そうな糸を発掘できたら
それはそれでいいかな(キャッキャ♪
  • xiaoring
  • 2011.08.26 Friday 13:30
ホントにね、なんか、さいきん、小悪党が目につく。
姑息なコトして小悪党になるくらいなら
思いっきり悪党になってみろよ、とか過激なこと思ったり。

えらそうなこと言える自分では決してないんだけど
罪をおかすときは、それなりの覚悟がいるってことは
身にしみて知ってる。
罪を背負っていくってどんなことかも知ってる。

なので、なんの覚悟もないまま
バレないだろう、バレなきゃいいんだって
こそこそ陰で他人の脚をひっぱったりするような
姑息な手段しか持たない巷に闊歩する聖人面した小悪党。
そういうのをみるとがっかりするんだ。
あ、そうだ。
この気分、なんて言うんだろうって考えてたんだけど
そうか、「がっかり」なんだ。
いま わたし「がっかり」してるんだ。

腹が立つと猛然とダッシュできるんだけど(笑)
「がっかり」すると、なんか気力が…萎えるもんだね。

発掘した糸、楽しみ〜♪
どんなふうに化けるんだろう?(笑)

  • らん
  • 2011.08.26 Friday 15:41
あぁ、そうだ。ガッカリなんだ。
簡単な言葉なのに哀れだなとか、みっともないな
っていう相手に対する感情が先にあった気がしてたけど
そうじゃなくて自分がガッカリしてたんだな。

そんなんで糸巻き放置で糸の引越し作業に逃避。
そして「編み糸」として仕入れた筈なのに
絶対編み物に使えそうもないピンクのプラスチック
みたいな糸発見。
どーすんだコレ…orz ってあんまり逃避になってない…w
  • xiaoring
  • 2011.08.26 Friday 18:43
うん。
相手に対する感情より自分の感情優先かな、と。
繰り返すたびにがっかりする自分がいる、かな、と。

ピンクのプラスチックみたい糸。
どんなんだろ?
細めなら、アンティークなビーズ通して結びに使うのもよさげな気が♪
みたいみたい♪
  • らん
  • 2011.08.27 Saturday 10:12
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM